✎𓈒𓂂𓏸

2023-03-11 17:29:00

心のアイライン

D9DC7DA7-2909-421E-9ADE-F2F932DFE8BD.jpeg

 

〜週末の気まぐれスリーカード〜

 

傷付きやすくなってるから

なおさら強めの黒のアイラインを引いて

ガード強め。

 

でも余計に距離を置かれて落ち込むあなた。

本当は優しい雰囲気に包まれたいのに。

 

心のアイラインを引かなくても

あなたは充分に愛に溢れて素敵です。

 

【使用デッキ】

Zillich Tarot

2023-03-11 10:24:00

12å¹´

83F03B66-FAF7-41A0-A05C-5AC5B137F362.png

 

12年前の今日、近所の川を逆流した津波が、自宅から数十秒の道路まで流れ込んで来ました。

避難するためにその真っ黒い水の上を車で横断する瞬間、不意に、本当に唐突に『すまん…すまん…』という言霊みたいなものが入ってきました。

今でもあまり滅多にそのことを書き起こしません。

 

一度だけ、その話題を挿入した記事がこちらです。

cafezolla.com/diary/5815

 

地球のような、こんな命を産む海を持った星が、どこかの銀河にもあるのが「当たり前」とはなかなか言えないのは、正直、結構な恐怖です。

こんな広大な宇宙の、こんな恵まれた地球で、今だにドンパチ戦争している人間って、どれだけ進化が遅れてるんだろうという意味で。

2023-03-03 17:49:00

『いただきます』

D926A729-9092-4FD0-B6A7-1F87B95D0446.jpeg

 

〜週末の気まぐれスリーカード〜

 

おんなじ食材を使っていても

完成したお皿の上のお料理には

その人だけの『なにか』が

ギュッと詰まってる

 

笑顔の日も  æ¶™ã®æ—¥ã‚‚

「いただきます」という言葉で

その人の『なにか』は報われる

 

いただきます…で

しあわせな週末をね

 

 

【使用デッキ】

Luminous Void Tarot

2022-12-31 22:27:00

運命の輪を回せ

759FEF71-8F44-430A-AC4A-1F3A41C430C2.jpeg

 

大晦日を迎えると、一年という時間の過ぎるスピードが途轍もなく早いことを実感します。

 

時々、確認する意味で立ち止まって掘り下げているつもりでも、◯◯しながらの『ながら掘り』になっていて、肝心な部分の掘り下げは自分に甘く、どこかで核心部分からは逃げていたりして、結局は時間が経てば曖昧な状態に戻ってモラトリアムな時間に身を委ねていたりするのが人の常。そうしている間も、時は静かに確実に過ぎています。

 

これからどんな未来へ進んで行くのか。それはこれまで歩んで来た道のりも大きく左右しますが、時には、その人の無意識の願いが、運命を急展開させることもあります。

 

不思議なことに、『そんなことあるわけない』と心の奥の願いを諦めているようで実は諦めていない人ほど、現状への諦めを口にしがちなものです。

 

そしてそこに気付いた後は、諦めていなかった自分(本体)の声をしっかり聞き入れ、覚悟して身を委ねることが、運命の輪を回すキッカケになります。

何故ならそれが、その人の魂の声のはずだからです。

世の中はどこか、世間の秤の中に収まることを良しとする風潮がまだまだ強く、その人の本意ではなくとも無難な生き方を選択する人々で溢れています。

でも、それを変えるとても簡単な方法があります。

あなたが心から違和感を感じている(または嫌悪している)ことを手離す勇気を持つことです。その違和感を受け入れることで手に入る、何かしらの安定や平和があったとしても、それは誰かにとっては依存による安定や平和の可能性があるからです。

あなた以外の視点であなたの願いを否定させる権利は何処にも存在しない。あなたの意志はあなた自身が最も尊重すべきです。それが本当の意味での自立と自由に繋がるということを、2023年に水瓶座に入宮する冥王星が告げようとすることではないかと思っています。

 

今年も一年ありがとうございました。

2023年が皆さまにとって、様々な良き変化に恵まれる一年となりますように。

2022-11-02 15:14:00

火星逆行との付き合い方

A9A09248-CBBD-459D-9DDA-F616F002ECFF.jpeg

 

日々が慌ただしく過ぎて、もう11月だなんて信じられません。季節が移り変わりましたが、お陰様で風邪も引かずに元気にお客様をお迎えしています。

 

先月末から火星が双子座で逆行に入り、来年1月13日から再び順行に戻りますが、1月一杯は殆ど動かない留(station)の状態です。

この時期(※)は特に、自分の意図しない方向へ流されないように努めることが大切。それと同時に、動かす必要のないことには無理に手を加えないことで、面倒事を上手に避けたい時です。

(※)逆行期間の中でも特に最初のステーション前後は影響が出やすく感じられます。

要するに『ムリしなきゃいいのに…(ムリしなければ良かった)』ということが起こりやすい時期。

コミュニケーションでも、言葉のキャッチボールなどは早めに話題を切り替えるなどして、自分の腹に据えかねることには拘らず、結論を急いだりして独りで空回らないようにしたい時期。なにせ、水瓶座の土星と牡牛座の天王星もキツめの90度を作っているので、妙に固執し出すと本末転倒な展開になりやすいのです。

私は昨年からこの土星と天王星の90度の違和感が苦手です。個人への影響以上に世の中の動向にはかなり影響力がある緊張度数ですが、一番厄介なのはそれぞれが『意固地になる』のを助長するところ。

 

何事も恙無く、予想していたよりも世の中の動きが極端な方向へ傾かない年の瀬になることを願いつつ…

ムリな力を入れず、他人に持論を押し付けず、自身の力の入れどころも見直せるようにしたい、そんな当たり前のことを省みるには火星逆行は良いタイミングだと思います*

健やかな11月となりますように ◡̈**

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9