✎𓈒𓂂𓏸

2022-03-07 22:59:00

Treatment

34A3EDB2-0285-4C95-8955-B2530F7E79A1.png

 

ここ最近、少し体調を崩し気味な方も多いのではないかと思います。肉体は魂と繋がっていますから。

私の場合、メンタルや気持ちの落ち込みには出ない代わり、身体の痛みに出ます。痛みを客観的に見ているような不思議な体感です。

そんなわけで、マインドのトリートメントとしてイメージを何枚かシェア出来ればと思いました。

 

9D96E366-F70A-4993-B85C-9C39201F366B.jpeg

 

2357C0AF-2895-41C3-85F0-B4AA5A76E02B.png

 

E6C6FB8F-0276-4699-9BC4-1E79F937970F.png

 

F03F7B8F-A1EA-4C7A-8EF2-71B38EE3C7B5.png


いま一番、本当に必要なのは、

癒やしかも知れませんね。

2022-03-05 11:13:00

プロパガンダ

04F03B0D-D50B-4AC9-80BF-08DBECD3D57E.png

 

『私に関する限り、これ見よがしの騒がしい徳よりも、無言の不徳を好みます。』

Albert Einstein

 


いま起きている戦争のカラクリや裏に隠された真実(いわゆる陰謀論)というテーマで、此処ぞとばかりに熱弁を振るう人々に、なんとも言えないズレを感じるのは何故かということを書きまとめていたら、元来のキツさが表に出てしまい、更には占星術の12ハウスの問題も絡めてかなり長文になりそうなので、率直に結論を書くことにしました。

 

映画『七人の侍』の最後の台詞

「勝ったのはあの百姓たちだ、儂たちではない。」

 

 

戦争と世界のカラクリを暴く以上に、更にその先に向けて動けるような啓蒙をするならその意義も増すだろうに、、と思うことがあります。

メディアから様々に発信されるプロパガンダの中に、本当に流れを変え得る、その生活自体が啓蒙と呼べる人々はごく僅かだと思います。

何故なら彼らは、戦争がある時も無い時も関係なく、絶え間なく命を支えられているからです。

 

71639642-1447-42F8-9217-A2CA8295918B.jpeg

 

前にも水瓶座の時代は何を表すかで触れましたが、水瓶を示すタロット「ⅩⅦ 星」は、スローライフ(第一次産業を含む)を物語ります。それは文字通り、物心両面で自立していることを意味します。

タロット『星』と風の時代

 

皮肉なことに、水瓶座時代に入った途端にコロナ禍と今度は戦争の危機と、それに比例するようにメディアを通じた二極化したプロパガンダが目立ちますが、更にそれを越えた先を見据えて、自分に出来ることを実践している人々がもっと増えれば良いと思います。

 

私の憧れる暮らしは、自給自足です。家族の価値観が異なるために叶っていませんが。

クライアントさんの中には、既に何年も前に大自然の麓に移住し、自給自足の暮らしをされている方々もいます。そこまで行かなくとも、大切なのは何ものにも翻弄されず、自発的な思考で行動する力。

そんなことをメディアを通じて再確認。

 

占星術の12ハウスというのは解明しにくい厄介なテーマを扱います。メディアが繰り広げる煽りそのものや集合的無意識もこの12ハウスに象徴されます。目を背けたくなる戦場の現実と、同じ時に安全な国で戦争の裏にある陰謀をメディアで語る人々を同時に見ると、12ハウスのネガティヴな部分について考えさせられます。

 

私に関する限り、これ見よがしの騒がしい徳よりも、無言の不徳を好みます。

私の理想とする12ハウスに対する姿勢は、このアインシュタインの言葉に完全に集約されます。

その理由を近々書きまとめたいと思っています。

2022-03-04 08:20:00

「おはよう」

67C141E6-3286-48EC-9502-A9FB2303FA64.jpeg

 

2022-03-02 17:36:00

無題

587E1B03-7AA7-4CAF-AB35-9E1CC53158C9.png

 

こんな画像を本気で作りたくなる時が来るなんて。

何処かで予感はしていたのかも知れませんが

祈らずにはいられません。

2022-02-22 08:50:00

土星というもの

BF8AE93A-3996-4D37-A66D-14C925FBFB95.jpeg

 

Twitterでは時々ボソボソ呟いてますが、何故かここで何かを語るところまで至りませんでした。

でも特に最近変化して来ているのは、土星の見直しです。やはりそれは水瓶座に絡んでいます。英語に例えたら、アメリカ英語に馴染みすぎて、古き良きイギリス英語の気品に心擽られている状態に似ています。

というのも、私が10代から主に学んでいるのは古典占星術(土星以遠の星を扱わない)ではなく、トランスサタニアン(海王星・天王星・冥王星)を含めた現代占星術が中心なのですが、2020年以降の水瓶座の土星(古典占星術までは水瓶座の守護星)と牡牛座の天王星(現代占星術以降、新たに加わった水瓶座の守護星)が作る90度(摩擦)が凄〜くイヤで、早く通過することを願っているのです。

水瓶座の新オーナー(天王星)が牡牛座へ遠征中に、古参オーナー(土星)が古巣の水瓶座へ20年振りに帰還して、時には他の仲間(太陽から木星に至るまで、手前の山羊座後半には冥王星も…)と賑やかにやっているのを舌打ちして睨んでいるような構図です。

コロナ禍と言えばソーシャルディスタンスですが、この水瓶座と牡牛座の守護星を絡めた違和感や摩擦はそれを端的に表してもいるように思えてなりませんでした。一言で言えば、相容れない何かが人を分離させる構図です。その半面、それによる多大な恩恵や知恵も育まれるはずですが。。

まぁ、本当に書きたい本題はこんなことではないのですが、前置きを省くと意味不明な深遠さばかりが際立ちそうなので…軽くメモ代わりに書いて置きます。

 

そんな土星や天王星をオーナーに持つ水瓶座ですが、かたやタロットの大アルカナ『世界』に織り込まれている占星術モチーフも、実は不動宮(牡牛・獅子・蠍・水瓶)と『土星』なんです。

実際リーディングしていても、ⅩⅩⅠ世界のカードの奥には土星のエッセンスをたびたび感じます。

それは『誓い・誓約・ルール』のような、その人や事象に与えられた『枠』や『掟』のような厳密な決まり(決定事項)をなぞるのです。それが果たせているか、または今後果たせるか、それらを見極める手懸かりとして、世界のカードを読むことが出来ます。

 

そんなわけで、伝えたいことを伝えるための前置きだけで話しが止めどなく飛躍する癖は、治りそうもありません。

 

科学など諸々の『法則』は、しかめっ面をした厳格なオヤジではなく、先人たちの残してくれた『一連の提案』だと捉えるべき、というような一文を読んで、ちょっと救われたような気持ちになり、このページを開きました。

 

【追記】

今ふと思い出しましたが、私が占星術を始めた19歳前後、不思議な夢を見たことがあります。

なんとなく外が気になって庭に出たら、夜空に水星・金星・火星・木星・土星が一列に並んでいるという、天体恐怖症の私にとって恐ろしい夢でした。

今思えばあの時の夢には、土星以降の天王星、海王星、冥王星が無くて、トランスサタニアンの影響が強いチャートを持つ私は少し残念な気持ちだったのを覚えています。

 

CC64FB2E-059C-4214-B865-60110427168A.jpeg

今日は2022年2月22日なので、世界中の猫好きのテンションがマックスなのかも知れませんね。そんな私は本日定休日で、何か美味しいバケットを探しに出掛けようかと思っています。

1 2 3 4 5 6 7 8