Diary

2021-07-15 17:35:00

のんびり日記ブログ再開

E6CAA32C-8F2A-4549-A1F4-2FF70F707F4B.jpeg

 

こっそりのんびり再開

と言うわけで、気張った長文ブログは暫くお休みして、これからはモノローグ感覚で想うところを書いて行きたいと思います。丁度このWebサイトのデベロッパー側が日記(Diary)機能をアップしたので、自分でわざわざblogページを設けていたものをここにインポートしました。(いきなり本文垂れ流し仕様ではなく、ワンクッションありのサムネイル表示になることを願ってます)

 

個人的な近況など

お陰様で眼の治療(両眼の白内障手術)も一段落ついて来て漸く以前のように動けるようになって来ました。伊達メガネで生活出来るなど、自分の人生には絶対に起こり得ないと思っていましたが、大抵この手の派手な大どんでん返しの裏には、大いなる『必然の勘違い』があることも再確認しました。運命的な巡り合わせ=必然の勘違いもあり得ると(どちらかと言うと良い意味で)。

 

それにしてもコロナ禍五輪。。

3年前の2018年に日本に上陸した台風が伊勢市付近から出雲市付近に、通常と異なる左カーブする予想図を見た時、私はある方に『これ、オリンピックやるなってことでは?』と個人的なLINEをしているんですが、何故そう感じたのか思い出せません。『回避』に見えたんだとは思いますが。

9C15F140-FA89-46E1-8E4E-AE795B37034F.jpeg

兎にも角にも色んな意味で不思議の国にいる感覚なのですが、この厄介なコロナ禍の分断力の凄まじさは、裏を返せば自分と似た(近い)感性をかなり見分けられるターニングポイントとも言えますね。草の根の小さな村作りを活発にして、それが自然とクニを動かす、、なんてことも夢ではなくなる時代も遠くはないような気がします。

そこに意識を向けると少し胸がワクワクします。